アメリカの肥満対策の一環として今回注目されたのがコカ・コーラ社の大幅削減したカロリー。肥満や糖尿病関係でお悩みの人というとコカ・コーラや類似品を多く摂取する傾向が高いですが肥満とカロリーオフのコーラどこまで効果的なのでしょう?

 

肥満とコカ・コーラとカロリーオフの関係

あなたはコーラが好きですか?一生のうちでコカコーラを1回は飲んだことがある人は世界中に沢山いるでしょう。好きは好きでも毎日お水代わりにコーラを飲む習慣のある人が世界にはいることは知っていますか?それはなぜでしょう。 特に最近ニュースで取り上げられているのが発展途上国の肥満や糖尿病患者数が増加している問題です。子どもから妊婦さん、年配者まで幅広い影響力を持っているには理由がありますね。

お水より安い価格で飲めるコーラ

類似品も多くあるとはいえ、安くお腹や心を満たしてくれるコーラや炭酸飲料水は非常に需要のあるものです。健康よりも今日の食料。ここから考え方の差があるのかもしれませんが、世界問題の肥満や糖尿病は解決に至るまで時間もお金も掛かるでしょう。

コカコーラが大幅カロリー削減?

肥満とカロリーオフコカコーラの関係

スーパーでもコンビニでも購入できる「カロリーOFF」コカコーラ。具体的に6.4兆カロリー削減ができたそう。ピンと来ませんね・・・(笑)とはいえ、あの独特の甘味は100%ものですか?コーラを開けて少し放置するとあの非常に毒化したかのような濃厚な甘味は身体にいいのでしょうか?カロリーが削減できたとはいえ、糖は身体に入るでしょうから糖質制限のは無縁でしょうし、100%ジュースであっても100%ではないというものもある中での飲料水と比べてこの炭酸水の中でも濃厚な甘味。
このニュースは身体に優しくなりましたよと言っているようにも聞こえますが、それなら新鮮果物を皮ごと食べてお腹や心を満たす方が私は健康的だと思いますね。

(情報参照元:ロイター

関連情報:

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here