アメリカ生まれのコカ・コーラが肥満対策として子供向け広告が中止すると発表がありました。世界的に健康問題が固まっているという状況対応は今後どうなるものか。その点に注目です。

 

肥満対策がどこまで吉と出るか

同社はコカ・コーラを販売する200カ国全てに対しての子供向け広告を中止するというものです。

例:TV、雑誌やインターネットなど

肥満 VS カロリーゼロや低カロリー

米コカコーラ子供向け広告中止

12歳以下の子供に影響のないような配慮といってもカロリーが低いといっても糖分が多いのには変わらず、
どこまで通用するものなのでしょう。

結局健康対策とはいえ、大人があの飲料水を買えば、必然と子供は飲みたくなりますし
冷蔵庫にあれば一緒に飲むのも当然の行為。
冷蔵庫の買い物、つまり親(保護者)の責任ですよ。
そんな忠告でもあります。そう聞こえませんか?可愛いだけじゃなく、時に厳しく。大切な子どもや家族のために、今日からあなたができることは何ですか?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here