中性脂肪や肥満に良い悪い食用油とは

いつも身体を考えている私たちですが、誰しもがそうではないですね。またいくらこれが身体にいいんだと言ってもなかなか気にしてほしい人例えば中性脂肪や肥満体型、糖尿病患者さんは気にしないことがほとんどです。そこで普段よくつかう食用油の考え方から見直していくことも重要だということ知っていますか?

良い食用油とあまり良くない食用油とは?

以前糖尿病とオリーブオイルについてお話したのを覚えていますか?
過去記事:糖尿病とオリーブオイル
ポイントは身体にどう働いてくれるかということですね。子どものうちから良い食用油を摂取していると、よいのも大切なうちの1つ。では早速良い食用油・よくない注意が必要な油についてチェックしていきましょう。

中性脂肪や肥満に注意が必要な食用油とは?

中性脂肪や肥満に良い悪い食用油リノール酸という言葉を聞いた事はありますか?これらの食用油は注意した方がいいようなのです。

  • コレステロールを下げても、摂りすぎると善玉コレステロールも下がるらしい。
  • 動脈硬化や高血圧になるアラキドン酸というものに変化。

ほら、気になってきましたよね。
実は普段から使っている食用油こそが注意が必要なのですよ・・・。

例えばこんな食用油を使っていませんか?

シンガポールの食事時間と肥満

  • サンフラワー油
  • 紅花油
  • コーン油

リノール酸の摂りすぎが原因でアレルギーの要因なのではという研究もあるとかないとか。
コーン油安いけど、これらにリノール酸が含まれます。やはり安いだけに理由があります。では、中性脂肪、肥満、糖尿病の皆さんに効果的に必要な食用油とは?一体何なのかですね。

身体に良い&喜ぶ食用油はこれ!!

その1 αリノレン酸
αリノレン酸、素晴らしい効果を発揮してくれます。体内で中性脂肪やコレステロールを下げてくれるのだそう。
頭にもよい、お肌にもよいアンチエイジングにも気になるEPAやDHAに大変身!

実家の父も最近取り寄せている程の油です・・・。
(私たちの影響で身体に良いものを摂りいれる程に大変身で実践力が素晴らしい父 笑)

ただTV番組の影響で、製造元もエゴマ油の発注が追いつかないとか。

そう、それはえごま油です!

中性脂肪や肥満に良い悪い食用油とは中性脂肪や肥満に良い悪い食用油とは

ボーソー一番搾り荏胡麻油 170g中性脂肪や肥満に良い悪い食用油とは

↓面倒くさがりさんにも便利なコチラ↓

中性脂肪や肥満に良い悪い食用油とは毎日 えごま油 (4g×30袋)2セット中性脂肪や肥満に良い悪い食用油とは
それからこんなものにαリノレン酸が含まれています。

  • しそ油
  • 大豆油
  • 青魚 など

その2 オレイン酸

こちらは、以前お話したオリーブオイルやなたね油です。

過去記事:糖尿病とオリーブオイル
ただ、カロリーが高いようなので、その点控えなくてはいけないと言われている方は注意してください。

いつ頃効果がでるのか?

個人差がもちろんあります。ただ一般的に3ヶ月続けて体調をみてみると中性脂肪の数値にも変化が出たり、もっと早く効果が出たりするそうです。
合わせて新陳代謝もあげて効果的に中性脂肪、肥満、糖尿病予防や対策していきたいものです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here