今回注目されたのが地中海食と2型糖尿病の関係です。オリーブオイルとナッツがポイントらしいですよ。詳しく調べていきましょう。

地中海食と糖尿病の関係

あまり聞きなれないかもしれませんが、この地中海食が2型糖尿病と良い関係だということが2013年2月に開催された主要血管イベント(MACE)で発表されたのだそう。

地中海食の特徴

ヨーロッパでよく使われるバターの代わりにオリーブオイルをたっぷり使うのが特徴の地中海食。合わせてナッツも適度にとり、ワインも適量飲みゆっくり食事をするのが地中海食流。
いわゆるスローフード。
地中海食と言ったり、地中海式と言ったりもしますね。

食物繊維豊富で栄養バランスにも注目の地中海食

地中海食で2型糖尿病リスク40%減
  • 野菜、豆類、果物、シリアル→多め
  • (シリアルってオートミール系もやはり入っていますね!^^) オリーブオイルから不飽和脂肪酸→多め
  • 魚介類→多め
  • 赤ワイン→適量
  • 乳製品・獣肉や家禽類→少なめ

イタリア料理、スペイン料理、ギリシア料理がこれらの料理に相当するのですね。
地中海食で2型糖尿病リスク40%減と聞いたら、試したくなりました。
ヘルシーに美味しく楽しめそうです。

>>お医者さんも驚いた糖尿病予防食材を知っていますか?

情報参照元:MTPro, Wikipedia
image by:huahintoday.com

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here