血管から若々しくバナナを食べよう

血管アンチエイジングにバナナを食べると良い効果がいっぱい

先日の林修の今でしょ!講座の番組でバナナが取り上げられていましたが、実はバナナの冷凍、常温、焼くなどで期待されるバナナ効果に変化があるって知っていましたか? 血管から若々しくバナナを食べよう バナナはカリウムが多く含まれるため、筋トレ後のプロテインシェイク+バナナ+牛乳+コラーゲンは日頃から愛飲しているのですが、血管を老けさせない効果など食べ方保存方法によってバナナの栄養素も変わるということなのです。 それなら、効果の違いを理解してバナナの栄養を上手に活かしたいですよね? 朝食バナナは効果的 朝バナナを食べることはやはりよかった!バナナのカリウムでむくみが解消しやすくなるのです。バナナのカリウムが塩分を排出して高血圧対策もなるのだそう。交感神経が高まりやすい朝だからこそのバナナなのですね。 冷凍バナナ 冷凍をすることでポリフェノールがアップ。 加熱バナナ 焼いたり、天ぷらにしたりできるバナナ。腸内細菌に嬉しいオリゴ糖がアップするのでお腹にも嬉しい。 黒バナナ 黒いバナナといえば、お察しの通り熟しています。もう黒いバナナは美味しくないから捨てちゃうと思うかもしれませんが、実は酵素が高いため上手に摂り入れたいバナナでもあります。 乾燥バナナ(バナナチップス) 薄く切って天日干しにしてできる。2〜4日程度で出来上がる上に、カリウムを最大限に摂ることができるだけではなく、自家製バナナチップスだと市販によくある余分な砂糖を食べずにも済むのです。 生バナナはビタミンを損なわずにいただくことができるという色々栄養を楽しめるバナナ。糖質が気になるあなた、夜に食べるのは控えましょう。 シナモンとバナナ 体によいスパイスのシナモンとバナナで例えばトーストでいただくというのも、いいですね。実はこのシナモン効果でカリウムと血管を若々しくする抗酸化作用のダブル効果でいただくことができるのです。 バナナと小魚 バナナと小魚を一緒に食べること、実は理にかなっていて、カルシウムもカリウムもミネラルの一種で尿中に塩分を排出し高血圧対策になるそうなのです。

アイスクリーム+ナッツ+バナナ+シナモン

バナナとナッツ、シナモンでデザートトッピング

先日バナナでアンチエイジングや糖尿病予防などが期待されることについて紹介しましたが、バナナだけ食べても飽きてしまう、バナナだけだとあまり好きではないというあなたに、こんなトッピング方法はいかが? たまにはデザートも食べたい ダイエットだし・・・と甘いものを我慢していると逆効果になりやすかったりします。 アイスクリーム+ナッツ+バナナ+シナモン この組み合わせは以前にも紹介した健康的にも役立つトッピングばかり。ただアイスクリームだけをたべるなら、一緒にナッツやバナナなども組み合わせて満腹感も得られやすく食べ過ぎも防げます。 とにかく、量を加減して食べすぎなければいいのです。 そういう時は、運動を頑張って続けて週1回のご褒美などでデザートを食べるのも、より次のモチベーションになったりします。あなたはどうですか? リバウンド防止のために、こうして2週間に1回、甘いものは昼間でなど、自分や家族の中で掟を作るのです。 その方が、いつでも誰でも甘いものがあるから食べていいじゃんとか、太ってきても開き直ったりせずに健康に気をつかいながら適度な運動とバランスのよい食事管理もできやすいと考えます。

カレーで認知症予防!たけしの家庭の医学で学ぶ5ターメリックレシピ

カレーで認知症予防!たけしの家庭の医学で学ぶ5ターメリックレシピ

カレーが認知症予防に繋がるという意外な効果を発揮するスパイスたちについて取り上げていた【たけしの家庭の医学】。アルツハイマー防止としても肝臓をいたわる美味しく簡単レシピを5つまとめてご紹介もお見逃しなく! インド人もびっくり!カレーで認知症予防 地域によっては週に1回、2週間に2回という家庭もあるそうですが、スパイスは糖尿病にも効果的というお話を以前しましたが、スパイス関連のカレーとしても糖尿病を超えた認知症への効果というところは高齢社会である日本にとっては重要ですね。   アメリカとインドの認知症発症率 カレーに必要なスパイスをよく使うインドの人々と、使わないアメリカ人を10年間調査した結果アルツハイマー(認知症)の発症率がインドの人がアメリカの1/4程度だったという研究データがあるそうですから日々の食事にスパイスをさっそく取り入れたいですよね? ターメリック(ウコン)の力がすごい! どんなスパイスがアルツハイマーにいいかというと、【ウコン】。 ショウガ科ウコン属の多年草:ウコン 英語名:(ターメリック)Turmeric 12月や1月は飲み会も多くなるとウコンにお世話になる人も多いので知っている人も多く肝臓にもありがたい効果があるとしては有名ですが、 飲みすぎてウコンにお世話になっている人は、認知症になりにくい? そんな前向きな事も考えたいですが、そのターメリックに含まれる【クルクミン】という成分が脳へ良い効果があるといいます。 認知症を引き起こす脳のゴミ退治 ターメリックが認知症を引き起こすという脳のゴミとされる【アミロイドβ】をお掃除してくれる効果があるだけでなく、更にアミロイドβを溜まりにくくする作用も期待できるということで定期的に取り入れたいものです。 春ウコン秋ウコンは違いはある? 実はこの違いは知っておくと、自分が何を必要としているかによって異なるため参考になると思います。 クルクミンを多く含む秋ウコン 実は【春ウコン】よりも【秋ウコン】の方がクルクミンを多く含むため、認知症予防を考えたい方には注目したいもので、クルクミン含有量は春ウコンの約10倍というほどこの春ウコン秋ウコンには成分の違いが有るため、この点をはっきり書かれていない商品は注意しましょう。 お酒の飲み過ぎに秋ウコン、それはクルクミンが多いからなのです。 一方の春ウコンは? ミネラルが豊富で、100種類以上の精油成分を沢山含んでいるため動脈硬化やコレステロール分解など秋ウコンにはない効果が期待されますので、区別をしておくと安心ですね。 では実際に今日から始めたいあなたへ、ターメリックを上手に取り入れるための使い方やレシピをご紹介していきます。 ウコン(ターメリック)の摂取量の注意点 身体に良いから粉末だから沢山摂りたい。 …

もっと読むカレーで認知症予防!たけしの家庭の医学で学ぶ5ターメリックレシピ

オートミールピザレシピ

オートミールナンでカレーがもっと美味しくヘルシー

オートミールパンオートミールピザに引き続き、オートミールナンを作りました。結構美味しくできるものですね。カレータイムがもっと美味しくヘルシーに大変身すること間違いなし!

無料オートミールレシピ

もっと読むオートミールナンでカレーがもっと美味しくヘルシー