実はフロントスクワットがバルクアップに良い理由

実はフロントスクワットがバルクアップに良い理由

しゃがむスタイルの筋トレは、筋力と健康向上に最適ですが、一般的にスクワットはバリエーションが多くある筋トレで、それぞれ利点も多いのですが、あまり馴染みのないフロントスクワットこそが、バルクアップに良いというのです。スクワットの種類毎の利点と共に確認していきます。

もっと読む実はフロントスクワットがバルクアップに良い理由

永久保存版!35の掟。これはやったら絶対NGジムマナー

ジムにかれこれ5年以上通っていますが、筋トレでスクワットラックやベンチなど利用する特に男たちのジムマナーがどうなのだろうとということが多いので、永久保存版にしました。ジムあるあるで納得する人も多いはず。 1.ジムの大きい鏡で(自撮り)セルフィーをしない インスタグラムが流行っているので、男女問わずジムの中で見かける自撮り。セクシーさを見てほしいのはわかりますが、ジムはトレーニングをするところ。つまりジムの鏡は自分の筋トレフォームを確認するためにあるものだということ忘れてはいけません。 2.ジムの鏡の前でシャツを手繰り上げてお腹を出す 先程同様、インスタのために自撮りするためかわざわざTシャツやタンクトップを手繰り上げて腹筋を見せてみたり、そのまま写真を撮る行為マナーが良いと思いますか?ジムはみんなが使うところ。つまりお腹を見せて自撮りをするならばロッカールームやバスルームなどで行いましょう。 3.勝手にアドバイスをしない ジムで色々な方法で筋トレをしている姿の中でも、良いフォーム、大丈夫かなと思うフォームなど光景をみると思いますが、聞きもしないのに勝手にアドバイスをしないことです。 トレーニングをしている人は、自分のペース、回数で行っているのに余計なお世話をするのはやめましょう。また危険な行為を行っている場合は、注意したほうがよいですが、もし相手から質問を受けた時以外は余計なお世話は注意が必要です。 このフォームはどう思いますか? など聞いてきたら、快くアドバイスをする。それがマナーです。 4.プレッシャーを掛けない 長時間スクワットラックを陣取っているとしても、何も言わずラックの前でウロウロして圧力を掛けるなどするのではなく、もし使いたいのであれば「あとどのくらいで終わりますか?」など直接聞きましょう。 5.勝手にウェイトを持っていかない ジムで色々な方法で筋トレをしている姿の中でも、良いフォーム、大丈夫かなと思うフォームなど光景をみると思いますが、聞きもしないのに勝手にアドバイスをしないことです。トレーニングをしている人は、自分のペース、回数で行っているのに余計なお世話をするのはやめましょう。また危険な行為を行っている場合は、別ですがもし自分から「このフォームはどう思いますか?」など聞いてきたら、快くアドバイスをする。それがマナーです。 6.誰も使っていないことを確認 まだバーベルにウェイトがついているのに、周りを確認せずに使い始めるのはNG。もしかすると使っている人がトイレに行ったかもしれません。またはちょっと急用ができて外で一時的に電話をしているのかもしれません。空気を読むことです。 7.2つも3つも場所を同時に陣取らない たまにいる空気を読めないジムユーザー。スクワットラックでスクワットをしつつ、ちょっと離れたところのベンチでもベンチをする。もしジム内に誰もいないなど間違いなく問題ないならばよいかもしれませんが、シェアスペースですので1つずつ行いましょう。 8.使い終わったら、マシーンを拭かない 人によって、バーベルに汗、血、粉、またマットに汗がびっしょりになっていることがあります。そんな後に誰が使いたいと思いますか?備え付けのタオルや消毒を使って清潔を保ちましょう。自分の家のものではありません。 9.筋トレ最中に話しかけない ライトウェイトであっても、ヘビーウェイトであっても、友達や知り合いが集中をして筋トレをしている最中に話しかけないことです。場合によっては、怪我をする可能性もありますので、ウェイトやダンベルなどを置き終わってから話かけましょう。 10.自分の道具、ウェアなど常に清潔に。 たまにいる歩いた後にも、濃い汗臭い匂いが残っている人がいるという経験はありませんか?ウェイトベルトやグローブ、タオル、シューズなど、臭い人がいますが非常に迷惑です。常に清潔なギアを持ってジムを使いましょう。 11.使い終わったら戻さない …

もっと読む永久保存版!35の掟。これはやったら絶対NGジムマナー

40、50代からでも遅くない!筋肉構築する方法

40、50代からでも遅くない!筋肉構築方法

40、50代になると衰える一方と諦めていませんか?実は上手に筋肉構築する方法が分かれば年を取っても衰える自分の肉体にガッカリしなくなる可能性もあるのです。筋肉を維持することはあなたの見た目も自由度も大きく変わってきますよ? 30代から筋肉は衰え始める 20代までは何でも怖いもの知らずで体力の限界も気にしなかった。しかし30代から一気に自分の体力の衰えを感じたことはありませんか?実は30代からじわじわと筋力も体力も若い頃とは違ってくることを理解していく必要があるのです。 50代はさらに筋肉が衰える 30代よりも50代になってくると更に筋力の衰えを感じてきます。 これは錯覚ではなく人間の細胞の衰えと日頃の生活方法、食生活など色々な要因が考えられますが、放置していくと更に問題なのです。 70代は恐ろしいくらい筋肉衰える 更に更に70代になるとより筋力は衰えてきます。ジムでワークアウトしていて20代、30代と70代のおじさんたちの体つきは明らかに違うと分かりますが、たとえ70代でも人によってガッチリした方もいれば、細身ながら重いダンベルを上げている人までいます。 とにかくいつまでもカッコイイ男でいたいあなたへ。 筋肉がサルコペニア肥満予防に 以前もお話したサルコペニア肥満。筋トレをしていくことでサルコペニア肥満予防にも繋がるとのこと。運動をして代謝を上げることはよいことなのです。 筋肉の衰えは人生の質を下げる 筋力が衰えること、つまり人生の質が下がること。筋肉の減少つまり自由が減ることにも繋がってきます。 運動嫌いなら、少しずつ歩いたり、早歩きをしたり体力をつけていく努力をすることは自分への投資にもなることなのです。 体力をつけること、また筋力をつけることは人生の質を維持したり高めたり体のためにプラスになります。 年だから無理。ということではなく 時間を掛けて少しずつ行うことが大事なのです。 30代の私でも2年くらいで60kgのスクワットもできるまでになりました。女性でも細くても長身でもとにかく時間を掛けて筋肉を鍛えていくことがいかに大事かが実感できるはずです。 よって諦めずに筋トレをすることで予防ができるチャンスはまだまだあることお分かりいただけたと思いますので、次は筋肉の構築や成長に欠かせない筋トレ方法と食について。 重要な鍵は筋トレとプロテイン 若くても年配になっても筋トレだけしていつもの食事をするだけではあまり効果はありません。 筋トレで筋力を高めることで神経と筋肉を構築に役立つ働きがあります。 筋肉構築のための筋トレ方法とは? 筋力を高めたいあなたに必要なことは全身運動。上半身や下半身両方で利益を得ることができるのです。 (※男性ホルモン増強!テストステロンを増やす9の方法) …

もっと読む40、50代からでも遅くない!筋肉構築方法