カフェインには年を取ると共に影響を起こしやすい炎症を和らげる効果がのではということが今回スタンフォード大学の研究で発表されました。では私たちの普段の生活の中でカフェインと炎症との関係と詳しく調べてみましょう。

 

老化とともに起こりやすい慢性炎症

100人以上の調査データからの結果から老化により以下の慢性炎症が関連している可能性が高いことがわかりました。

  • アルツハイマー病
  • 心臓血管疾患
  • 変形性関節炎 など

原因とは?

老化に伴う炎症の原因は、血液中を循環する核酸が出している代謝物、分解物が発生しているからなのだそう。

カフェインと高齢者の免疫関係

カフェインが炎症を抑える
たんぱく質を作るための特定の遺伝子をどれだけ使っているかという点で、114人の遺伝子解析を長期的に調査した結果、60〜89歳ではインフラマソームという複合体の中で免疫分子が増加していることが判明し、それはIL-1(インターロイキン−1)という免疫系の物質を活発化させる免疫たんぱく質だということが分かったのです。

カフェインが問題へ対抗

カフェインの代謝物の中には核酸の代謝物に対抗する力のある可能性があるということが注目の的となったのです。

インターロイキン長い間はもたない?

ただインターロイキンは感染症との戦いにおいて重要な分子ですが、長い間使いすぎてしまうと心疾患、アルツハイマー病や癌などの慢性疾患に結びつくことも。



カフェイン飲料を飲む人の寿命

その結果、カフェイン飲料を飲まない人よりカフェイン飲料を飲む人らは加齢による炎症プロセスが発生しない人がいるという結果が出ただけでなく、コーヒーが大好きな人たちは禁酒者より長生きする傾向がある点で、その理由はカフェインにあるのではと。

カフェインと免疫作用や効果

カフェインと免疫作用や効果
過去にダークチョコレートと糖尿病コーヒーと健康などの研究が過去にも結果を出してきていますが、中にはホットコーヒーに癌のリスクを高める研究も少なからず存在もしています。

今回の研究やアンケートのデータによると、炎症が少なかったグループは、以下のようなカフェイン入り飲料を多く飲んでいることが確認されているのです。(情報参照元:スタンフォード大学

  • コーヒー
  • 清涼飲料水
  • お茶

あなたはいかがでしょうか?

まだカフェインと炎症の作用の理由などについて具体的な情報が解明されていないようですが、日本のお茶文化は風邪予防だけでなく、長生きの秘訣の1つにも関係しているのかもしれませんね。

美味しいコーヒーやお茶飲むことは幸せになるだけなく、健康にも良いということでを末永く楽しみましょう。

返事を書く