ウイスキーが実は体に良い6つの理由

お酒の中でもウイスキーというと度数が高いから体に悪そうなイメージがあるかもしれませんが、実は体に良い6つの理由があったのです。

1.認知症リスクを軽減

ウイスキーが実は体に良い6つの理由2003年のケーススタディーによると、よく頻繁にアルコールを飲むような
人よりも週に1〜6回ちょっとたしなむ程度飲む人の方が認知症リスクが低い結果がある。

2.消化を助ける

食後にウイスキーを飲むとお腹が苦しくなることはありませんか?
それはウイスキーの成分が効いている証拠なのだそう。というのは、胃の酵素を刺激して胃の中の食べ物の消化を助けているからなのです。

3.シングルモルトウイスキーは赤ワインよりエラグ酸が含まれる

赤ワインの抗酸化物質の健康上のメリットはよく聞きますが、研究によると、シングルモルトウイスキーはエラグ酸が多いというのです。

エラグ酸は、イチゴやラズベリーなどに含まれる天然のポリフェノールの一種。アンチエイジングなど様々な効果がある。

4.脳卒中リスクの低下

ハーバード大学によると、中程度のアルコール消費は、心臓病や脳卒中リスクが25%から40%低下するという報告があり、またアルコールは教強壮剤と毒性両方あるのが安全だと、論文でも述べているとか。Link to Study (Harvard School of Public Health)

5.適度に飲むと心臓や血管にいい

チャンポンをするのではありません。赤ワインなら赤ワイン。というように1種類のアルコールを飲むからこそ、循環系を落ち着かせることができるというのです。

6.風邪に役立つ?

ウイスキーを飲むと体が温かくなる、それは血管を拡張していて鼻が詰まっているときに役立つなど、かつて昔にウイスキーは薬としても使用されるほど、薬の代わりのようにもなりますが、ポイントはほんの少しだけにすることです。(1)

飲みすぎると二日酔いとなりますので、その点はご注意ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here