【13の効果】とアップルサイダービネガー(リンゴ酢)の飲み方

意外に知らないアップルサイダービネガーの13の効果とは?またなぜヤセ体質になりやすいリンゴ酢の飲み方は何か確認していきましょう。今すぐにでもほしくなる魅惑の美酢です。

アップルサイダービネガーおすすめはこちら

アップルサイダービネガー(リンゴ酢)13の効果

アップルサイダービネガー効果

まずは13のアップルサイダービネガー効果について紹介の後、どういったものを選ぶといいかの選び方、最後に美味しく工夫をして飲んだり、食に取り入れたりする方法もご紹介していきます。

得して健康的に美しくなるポイントをぜひおさえていきましょう。

1. 胃腸を整える効果

胃のむかつきなどアップルサイダービネガー(りんご酢)には細菌感染症予防として腸の痙攣を和らげたり下痢を軽減するなどアップルサイダービネガーの持つ抗生物質特性のお陰なのだそうです。

2. ひゃっくりを止める効果

ティースプーン1杯でしゃっくりの救済策が取れるというもの。痙攣の神経への反応でしゃっくりが止まるというのです。

3. 喉の傷み軽減

違和感が出てきた喉に、1/4カップの温かい水と1/4カップのアップルサイダービネガーを混ぜて1時間毎にうがいをするという方法です。

4. コレステロールを低下

ラット実験で悪玉コレステロールを低下させただけでなく、日本の調査でも実験に参加した人たちでも同様にコレステロール値を低下できたのだそう。

5. 消化不良を助ける働き

民間療法にはなりますが、1杯ずつの蜂蜜、アップルサイダービネガー、水を混ぜ食事の30分前に飲みましょう。(食べ過ぎないことが一番ですが)どうしてもいつもより食べなければいけない席などで役立つことでしょう。

6. 鼻づまり解消

アップルサイダービネガーが鼻に鬱血する細菌の成長を止める効果があるのだそう。水にティースプーン1杯のアップルサイダービネガーです。

7. 体重減少

酢酸は食欲を抑え、代謝を高め、水分保持を減らします。また驚くことにアップルサイダービネガーにはデンプン消化を妨げることが理論化されており、より少ないカロリーが血流に入ることを意味しているというのです。

8. フケの悩みに

なぜ頭皮のフケに?と思いますが、実はアップルサイダービネガーの酸度は頭皮にpHを変え、酵母が成長するのを困難にするのです。スプレーボトルに1/4カップの水と同量のアップルサイダービネガーを混ぜ頭皮にスプレー。タオルで頭を包み15分から1時間待ち、その後いつものように髪を洗うだけ。効果的なのは週に2回行うことですが、皮膚の弱い方は医師に相談の上お試し下さい。

9. ニキビ対策

アップルサイダービネガーはニキビの家庭薬としても使えるというのです。
抗菌特性がニキビを抑えるのに役立ち、りんご酸や乳酸は皮膚を柔らかくして剥離し、赤い斑点を減らし、皮膚のpHをバランスさせます。

アップルサイダービネガーおすすめはこちら

10. エネルギーアップに

エクササイズや極端なストレスが体内に乳酸を蓄積させ、疲労を引き起こしますが、アップルサイダービネガーに含まれるアミノ酸は解毒剤として働くため、疲れた体や気分を和らげるカリウムと酵素が含まれます。

11. 夜の脚の痙攣予防

脚の痙攣はカリウムが少ないという兆候でもあります。夜に温かい水にテーブルスプーン1杯のアップルサイダービネガーを混ぜ飲むと、夜間の脚の痙攣を和らげることを示唆しています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here